梅醤番茶

梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)は、民間伝承療法の中でもポピュラーなもののひとつです。

貧血気味や冷え性、生理不順、胃腸強化、疲労回復(夏バテ解消とか!)、二日酔いなどに良いといわれています。

子供さんには、レシピの半分程度の量を4~5倍に薄めてから様子を見ながら飲ませてください。

梅醤番茶の作り方・レシピ

梅干は、無添加の梅と塩とシソで作ったもの、あれば自家製梅干がおすすめです。

醤油としょうがの量は、お好みで増減して飲みやすくしてください。

梅醤番茶の材料(1回分)

  • 梅干    中位の大きさ1個
  • 熱い番茶   適量
  • 純正醤油  小さじ2~3杯
  • しょうがのすり下ろし汁 4~5滴

梅醤番茶の作り方

  1. 種を取った梅干を湯飲みに入れ、箸で細かくし、よく練り、純正醤油とおろししょうが汁を加え、さらによく練る。
  2. 熱い番茶を湯のみの八分目くらいまで注ぎ、よくかき混ぜてから飲む。

 

食前か空腹時に飲みます。

元気な人にもおすすめの健康食品です。

1日1~2回どうぞ!


梅醤番茶をよく飲む方や、無添加梅干がない方には生姜・番茶入り梅醤がおすすめ!

国産梅から作られた梅干しに、国産丸大豆と小麦や天日製塩を使った昔ながらの杉樽仕込み醤油を練り合わせ、有機番茶や有機生姜を加えていますので、熱いお湯を注ぐだけで生姜入り梅醤番茶が出来上がります。

ムソー食品工業 生姜・番茶入り梅醤(250g)

【ムソー食品工業 生姜・番茶入り梅醤の原材料】
梅肉、醤油、番茶(有機)、番茶粉末(有機)、生姜粉末(有機)、(原料の一部に大豆・小麦含む)


 

スポンサーリンク